溶接工の
アルバイト・バイト情報

金属同士を、TIG溶接・半自動溶接などちょっと特殊な方法で接合する技能者を溶接工といいます。工場での仕事が多く、手作業で行われることがまだ多いため、定期的な求人が行われています。

溶接工の
バイトを
エリアで探す

関東 関西 東海 九州・沖縄 北海道・東北

溶接工でのアルバイト

火花も散り、危険そうに見られがちな溶接の仕事ですが、実際にはどんな業務があるのでしょうか? 簡単にこの仕事のアルバイトのポイントを挙げてみます。

技能取得が前提

さまざまな溶接の技術があり、職業訓練校などでも学ぶことが可能です。また、ガス溶接などの危険な溶接方法もあり、技能講習を修了していなければガス溶接の仕事をすることはできません。

溶接の種類ごとに資格がある

溶接には実は手法が数多くあり、それぞれに資格が異なります。仕事によっては必要な溶接の資格が異なり、例えば鉄骨を扱う建設関係の業務の場合は溶接免許のアーク溶接(A)と半自動溶接(SA)が必須になります。

17時前後に終了

溶接の作業は夜まで仕事をすることがないため、17時前後には終了することが一般的となっています。職場によっては土日休み、有給などもある職場も存在します。

今後の需要増加!?

建設業は需要が増加傾向にあり、それに伴って溶接の作業員も広く募集が行われています。建設関係につきたい場合は、アーク溶接(A)と半自動溶接(SA)が必須となることを覚えておきましょう。

溶接工のバイトでよくある質問

溶接工は学生でも働けるの?

18歳未満の場合は、労働基準法で危険・有害な業務に該当する作業となるため働くことが出来ません。大学生の場合は、資格は必要とはなりますがバイトとして働くことはできます。

溶接工のお仕事の給料は?

他の作業と比べ専門性も高く、危険な業務も多いため平均的な作業と比べると高額になります。また、短期での募集などもあり、資格があれば就労しやすいアルバイトといえます。

溶接工で働くにはどうしたら?

まずは資格を取る必要があります。公共職業訓練校などで学ぶことができますが、溶接方法が複数あるため、どちらかというと専門性をある程度求められる仕事といえます。

溶接工のバイトは大変なの?

溶接方法によっては危険な作業となる場合があるため、大変であるといえます。また、作業環境によっては苦労が異なるという話もあります。

溶接工のアルバイトの面接で聞かれることは?

資格の有無を確認されます。それ以外については、体調面でを聞かれることが多いようです。仕事を探す際には、自分の保有する資格を確認してから応募したほうが良いでしょう。

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。